HOME > 山ゆり幼稚園 > 多目的情報
山ゆり幼稚園





  幼児教育 無償化について


  令和元年10月より「幼児教育無償化」がスタートしました。
  この制度には、子育て世帯の経済的負担を軽減すると共に
  今まで以上に多様化していく社会の中で
  子ども達ひとりひとりが自分らしく活躍できる大人に育ってほしい
  という願いが込められています。

  それでは、子ども達が大人になる頃には
  どのような社会になっているのでしょうか
  
  グローバル化と技術革新がハイスピードで進み
  世界の垣根がなくなり、活躍の場は地球にとどまらず
  宇宙へと広がっているかもしれません。

  またAIの発達によって、今まで人間が行っていた仕事を、
  ロボットがこなしてくれるといった
  映画で観てきたような世界がすぐそこに迫っています。

  今まで以上にあらゆる可能性が広がっている世界で
  今の子ども達が活躍していくのです。

  こうした多様化していく社会では、
  ロボットにはない「探究心」や「想像力」
  「情操」や「道徳」といった
  人間ならではの力が、より一層求められます。
  
  そしてこれらの力の土台を育んでいるのが
  乳幼児期の教育なのです。

  ※2020年にノーベル経済学賞を受賞した
    ベックマン博士の
    「ペリー就学前プロジェクト」という
    研究により、幼児期(3〜4歳)に
    質の高い教育を受けた子ども達と
    受けなかった子ども達を比べ
    その後の成長と将来の安定した生活に
    大きな差が生まれることを発表し
    幼児教育の重要性が実証されています。


  


では、質の高い教育とは何を差すのでしょうか。

「非認知能力」、聞き慣れない言葉ですが、ひと言で
表すと、「自分の情動を上手にコントロールする能力」
です。より具体的にいうと、

@失敗しても「大丈夫」「次はきっとできる」など、
自分自身だけでなく他者に対しても
“ネガティブ”を“ポジティブ”に変換できる力  
A目標に向かって粘り強く頑張り、
最後までやり抜こうとする力  
B「こうやったらどう?」「いいね、じゃあこれは?」
など、他者を受け入れながら上手に関わる
コミュニケーション能力

この3つを兼ね備えた力という
ことが言えるでしょう。以前は、
子どもの頃から計算が早く
正確にできる、字が書けるなど、
IQで測れる力=「認知能力」が高い人が、“すぐれた人”
であると認識されていました。しかし最近では、
幼少期に「非認知能力」を身につけておくことが、大人になってからの他者との関わりや幸せ感、経済的な安定につながると考えられ、世界で注目されています。
この度の「幼稚園教育要領」の改訂で
「小学校への接続」というキーワードが
強く打ち出されました。

小学校は各教科の授業があり
文字や数字を使った「勉強」をする場所
という認識が強いので

保育用品の業者様より
こぞって教科の学習を早めるための
教材の営業がやってきました。
しかし幼児教育で大切なことは
目に見える力ではないのです。

目に見えない力を育む
質の高い幼児教育。

教科の学びへ向かうその
意欲・向上心・探究心は
幼児期にその土台を作っていくことが
何より大切です。
幼稚園にきたら
楽しいことがある。

話を聞いてやってみたら
できるようになった。

この基本的な姿勢から
派生し、

これはどうなっているの?
こんな風にしたら楽しそう!
お友だちと同じ気持ちでやると嬉しいんだね!

集団の中で様々な気持ちの経験をします。
「楽しい・嬉しい」だけじゃなく
「悔しい・悲しい」の経験も
決してムダではありません。

山ゆり幼稚園では
その気持ちの経験から育むために
行事や、保育があると捉えています。
何が子ども達の興味を引くか
未来への刺激になるか
わかりませんから

たくさんのプログラムを準備し
子ども達に経験の場を与えていきます。

その中で
先生達が大切に見守っていることは
目には見えない部分なのです。



山ゆり幼稚園 のQRコードです。
人気度:  887

   it-service of a web system