ホーム宇都宮ヒカリ座 > 映画情報

宇都宮ヒカリ座

映画情報

風水師 -王の運命を決めた男-

風水師 -王の運命を決めた男-

●監督:パク・ヒゴン(『仁寺洞〈インサドン〉スキャンダル -神の手を持つ男-』)●出演:チョ・スンウ(『インサイダーズ/内部者たち』)/チソン(『コンフェッション -友の告白-』)/キム・ソンギュン(『悪いやつら』)/ペク・ユンシク(『インサイダーズ/内部者たち』)/ムン・チェウォン(『今日の恋愛』)●2018年/韓国

■「風水」が天下を動かす

「風水」とは、山脈や水脈の形勢や方位といった地理的特性を吉凶と関連づけ、運気が上がる場所を見極めるものであり、なかでも繁栄の運気が集まっている土地を“明堂(めいどう)”と呼び、それを手に入れた者には富と名誉が千年万年も続くといわれている――最高の運気を宿す地相“明堂(めいどう)”を求める者たちの、野望と陰謀が渦巻く壮大な史劇エンタテインメント。

上映時間2時間06分
その他○2/7まで
2020年01月25日(土) から 2020年01月31日(金) まで
09:4016:40

T-34 -レジェンド・オブ・ウォー-

T-34 -レジェンド・オブ・ウォー-

●監督・脚本:アレクセイ・シドロフ●出演:アレクサンドル・ペトロフ(『春のめざめ』監督)/イリーナ・スタルシェンバウム/ヴィンツェンツ・キーファー/ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ/アントン・ボグダノフ●2018年/ロシア

■宿敵を撃て。

たった4人の捕虜が1両の戦車T-34でナチスの軍勢に立ち向かう――全露1メガヒット。片輪走行にドリフト旋回する戦車、着弾・炸裂する砲弾描写などロシア最先端の映像技術を結集。さらに役者自ら戦車を操縦するなどリアリティにこだわり、圧倒的なアクションシーンを活写した<新次元>戦車アクション・エンターテインメント。

上映時間1時間53分
その他○2/7まで
2020年01月25日(土) から 2020年01月31日(金) まで
14:3019:00

左様なら

左様なら

●監督・脚本:石橋夕帆●出演:芋生悠(『恋するふたり』)/祷キララ(『脱脱脱脱17』)/平井亜門(『36.8℃ サンジュウロクドハチブ』)/日高七海(『いつか輝いていた彼女は』)/夏目志乃●2018年/日本

■これは  わたしたちの  短い永遠の物語

平穏な日々を過ごしていた女子高生が、同級生の死をきっかけに、クラスメイトたちとの人間関係が壊れ始める――イラストレーター・ごめんの短編漫画を実写化。映画と音楽の祭“MOOSIC LAB“の長編部門作品として制作。海辺の町を舞台に美しい映像で切り取られた、次世代の青春群像劇。

上映時間1時間26分
その他○2/7まで
2020年01月25日(土) から 2020年01月31日(金) まで
15:40

マイ・ビューティフル・デイズ

マイ・ビューティフル・デイズ

●監督・脚本:ジュリア・ハート●出演:ティモシー・シャラメ(『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』)/リリー・レーブ(『完全なるチェックメイト』)/リリ・ラインハート(『ガルヴェストン』)●2016年/アメリカ

■あなたのことばかり、考えている

僕らは笑い、恋をして、痛みを覚えた。すべて忘れることが出来ない、あの週、週末――『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメ主演。行動障害がある高校生と、そんな彼が密かに恋心を抱く相手である女性教師の心の交流を温かく描き出す青春ドラマ。

上映時間1時間26分
その他○2/7まで
○PG-12
2020年01月25日(土) から 2020年01月31日(金) まで
12:5019:20

ハード・デイズ・ナイト

ハード・デイズ・ナイト

●監督:リチャード・レスター(『ナック』)●出演:ジョン・レノン(『マジカル・ミステリー・ツアー』)/ポール・マッカートニー(『ゲット・バック』)/ジョージ・ハリスン(『イマジン/ジョン・レノン』)/リンゴ・スター(『ラスト・ワルツ』)/ウィルフレッド・ブランビル●1964年/イギリス

■旧邦題『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』

1964年の初公開から55年、ザ・ビートルズの魅力が詰め込まれた主演映画『ハード・デイズ・ナイト』が再び銀幕を揺らす。メンバー全員が20代前半だった若かりし日のビートルズの4人が本人役で登場。世界的な成功を手中に収める直前、ハードなスケジュールをあわただしくこなしていく4人の一昼夜をドキュメンタリー・タッチで描いた永遠の名作。

上映時間 1時間28分
その他○2/7まで
2020年01月25日(土) から 2020年01月31日(金) まで
10:0017:30

羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)

羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)

●監督:MTJJ●出演(声):山新/郭祥海/劉明月/夏侯落楓●2019年/中国

■君と未来へ

この世には妖精が実在し、彼らの中には人間の格好をして社会に溶け込んでいるものいれば、山の奥で隠れて暮らすものもいた。森の中にあった家を人間たちの開拓により破壊されてしまった猫の妖精・羅小黒“ロシャオヘイ“は、旅をしながら人間社会を理解していく――中国漫画家、アニメ監督のMTJJ及び寒木春華スタジオが原作とした中国製の劇場アニメーション。

上映時間1時間41分
その他○2/7まで
2020年01月25日(土) から 2020年01月31日(金) まで
13:4019:10

シンクロ・ダンディーズ!

シンクロ・ダンディーズ!

●監督:オリヴァー・パーカー(『ジョニー・イングリッシュ  気休めの報酬』)●出演:ロブ・ブライドン(『イタリアは呼んでいる』)/ルパート・グレイヴス(『モーリス』)/ジム・カーター(『ブラス!』)/ダニエル・メイズ(『ヴェラ・ドレイク』)/トーマス・ターグーズ(『THIS IS ENGLAND』)●2018年/イギリス

■はだか一貫、花咲かす!

「おじさんたちがシンクロで世界大会を目指す。」ミッドライフ・クライシス=中年の危機″に瀕した8人の男性が、シンクロチームのメンバーとして集まり、共に同じ目標に向かうことでもう一度人生の輝きを取り戻していく――2019年版『フル・モンティ』は、実在の中年男性シンクロチームの映画化。さえない日々に二度目の青春を輝かす、抱腹絶倒のスポ根ブリティッシュ・コメディ。

上映時間1時間36分
その他○1/31まで
2020年01月25日(土) から 2020年01月31日(金) まで
17:20

ゴールデン・リバー

ゴールデン・リバー

●監督・脚本:ジャック・オディアール(『ディーパンの闘い』)●出演:ジョン・C・ライリー(『シカゴ』)/ホアキン・フェニックス(『ドント・ウォーリー』)/ジェイク・ギレンホール(『ボストン ストロング -ダメな僕だから英雄になれた-』)/リズ・アーメッド(『ヴェノム』)/レベッカ・ルート●第75回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)受賞●2018年/フランス/スペイン/ルーマニア/ベルギー/アメリカ

■夢に、目がくらむ。

黄金を見分ける化学式を見つけた化学者。それを奪おうとする権力者に雇われた、殺し屋兄弟と連絡係。からみ合う欲望の果ての目もくらむ結末――19世紀半ばのアメリカを舞台に、決して手を組むべきではなかった4人の一攫千金ウエスタン・サスペンス。

上映時間2時間02分
その他○1/31まで
2020年01月25日(土) から 2020年01月31日(金) まで
10:35

エセルとアーネスト -ふたりの物語-

エセルとアーネスト -ふたりの物語-

●監督:ロジャー・メインウッド●出演(声):ブレンダ・ブレッシン(『ロンドン・リバー』)/ジム・ブロードベント(『ベロニカとの記憶』)/ルーク・トレッダウェイ(『ボブという名の猫  幸せのハイタッチ』)/マックレディ・マッセイ/ハリー・コレット●2016年/イギリス/ルクセンブルク

■“普通”を懸命に生きた、すべての父と母へ

1928年、ロンドン。楽天的で陽気な牛乳配達のアーネストは、生真面目で働き者のメイドのエセルと恋に落ち、結婚。最愛の息子の誕生、第二次世界大戦の苦難、戦後の経済発展を経て、1971年ふたりは同じ年に世を去る――「スノーマン」「風が吹くとき」などの名作が世界中で愛される英国の絵本作家レイモンド・ブリッグズが自身の両親の人生を描いた感動の物語を、絵本が動き出したかのような温かな質感の手描きアニメーションで映画化。

上映時間1時間34分
その他○1/31まで
2020年01月25日(土) から 2020年01月31日(金) まで
11:45

夕陽のあと

夕陽のあと

●監督:越川道夫(『海辺の生と死』)●出演:貫地谷しほり(『望郷』)/山田真歩(『ピンカートンに会いにいく』)/永井大(『特命係長 只野仁 最後の劇場版』)/川口覚(『十年 Ten Years Japan』)/松原豊和●2019年/日本

■ふたりの母、ひとりの子

母親であることを手放した女と、母親になると決心した女。夕陽に染まった海原の向こうに、ふたりの願いが交差する――現実社会でも後を絶たないDVや乳児遺棄、いまだに表立って議論されることが少ない不妊治療や養子縁組制度などの問題。家族のあり方が多様化する時代に、改めて親子の絆を問いかける骨太なヒューマンドラマ。

上映時間2時間13分
その他○1/31まで
2020年01月25日(土) から 2020年01月31日(金) まで
12:00

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯

●監督:佐古忠彦(『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』)●ナレーション:山根基世(『Workers(ワーカーズ)  被災地に起つ』)/役所広司(『孤狼の血』出演)●2019年/日本

■「大地にしっかりと根をおろしたガジュマルはどんな嵐にさらされてもびくともしない」

平成30年度文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞、2018アメリカ国際フィルム・ビデオ祭(US International Film&Video Festival)銅賞、2017年度日本映画批評家大賞など数々の賞を受賞し、ドキュメンタリー映画として高く評価された『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』から2年。アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男、瀬長カメジローを知れば沖縄の戦後史が見えてくる――沖縄に心から寄り添った男の生涯と、熱気ある沖縄の戦後史を描く渾身のドキュメンタリー。

上映時間2時間08分
その他○1/31まで
2020年01月18日(土) から 2020年01月31日(金) まで
15:00

ケータイサイト

携帯メールにURL送信

ケータイメールアドレスを入力して送信ボタンを押せば、メールでURLを送信できます。