ホーム宇都宮ヒカリ座 > 映画情報

宇都宮ヒカリ座

映画情報

ハウス・ジャック・ビルト

ハウス・ジャック・ビルト

●監督・脚本:ラース・フォン・トリアー(『ダンサー・イン・ザ・ダーク』)●出演:マット・ディロン(『クラッシュ』)/ブルーノ・ガンツ(『ヒトラー/最期の12日間』)/ユマ・サーマン(『キル・ビル』)/シオバン・ファロン(『愛さずにはいられない』)/ソフィー・グローベール(『きっと、いい日が待っている』)●2018年/デンマーク/フランス/ドイツ/スウェーデン

■ゾッとするほど、魅力的

強迫性障害の殺人鬼、ジャック。12年間の告白――1970年代の米ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックはあるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭する――あらゆるタブーに物怖じせず大胆なテーマに切り込み、常に物議を醸してきたラース・フォン・トリアー監督最新作は、カンヌ国際映画祭公式上映では途中退出者続出、賛否両論“破格の問題作”の過激スリラー。

上映時間2時間32分
その他○11/22まで
○R18+
2019年11月09日(土) から 2019年11月15日(金) まで
16:2018:40

マーウェン

マーウェン

●監督:ロバート・ゼメキス(『ザ・ウォーク』)●出演:スティーブ・カレル(『ビューティフル・ボーイ』)/レスリー・マン(『40歳の童貞男』)/ダイアン・クルーガー(『女は二度決断する』)/メリット・ウェヴァー(『バードマン  あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)/ジャネール・モネイ(『ムーンライト』)●2018年/アメリカ

■生きる。と決めた――

ヘイトクライム(憎悪犯罪)の犠牲により障害を抱えた彼を救ったのは空想の世界(マーウェン)だった――暴行を受けて心身ともに大きな傷を負った主人公が、独自の世界観でカメラマンとして認められ、現実と向き合う勇気を獲得していく姿を、実話をもとに描いたヒューマンドラマ。21世紀の『フォレスト・ガンプ/一期一会』の呼び声高いロバート・ゼメキス監督待望の最新作。

上映時間1時間56分
その他○11/22まで
2019年11月09日(土) から 2019年11月15日(金) まで
09:5017:10

TOURISM

TOURISM

●監督・脚本:宮崎大祐(『大和(カリフォルニア)』)●出演:遠藤新菜(『大和(カリフォルニア)』)/SUMIRE(『サラバ静寂』)/柳喬之(『あまのがわ』)●2018年/シンガポール/日本

■MAGICAL MISTERY TOUR FROM JAPAN TO SINGAPORE

うちらならどこまでもいける
まだ世界を知らない少女たちの国境なき旅――今を生きる少女たちが観光客として身軽に家を飛び出し、期せずしてシンガポール本来の姿に出会うまでを描くロードムービー。

上映時間1時間17分
その他○11/22まで
2019年11月09日(土) から 2019年11月15日(金) まで
15:30

ドッグマン

ドッグマン

●監督:マッテオ・ガッローネ(『ゴモラ』)●出演:マルチェロ・フォンテ/エドアルド・ペッシェ(『神様の思し召し』)/アダモ・ディオジーニ●第71回カンヌ国際映画祭 主演男優賞/パルム・ドッグ賞 受賞●2018年/イタリア/フランス

■男は落ちてしまった――。幸せな日常にあいた、不条理という名の穴に。

犬を愛する男が選んだ、あまりにも奇妙だが胸を打つ結末とは――『ゴモラ』『リアリティー』でカンヌ国際映画祭の審査員特別グランプリに2度輝いた、現代のイタリア映画界を背負って立つ鬼才マッテオ・ガローネ監督が1980年代のイタリアで起こった殺人事件にインスパイアされて放つ衝撃のサスペンス。

上映時間1時間43分
その他○11/22まで
2019年11月09日(土) から 2019年11月15日(金) まで
13:35

カーマイン・ストリート・ギター

カーマイン・ストリート・ギター

●監督:ロン・マン(『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』)●出演:リック・ケリー(『7500』)/シンディ・ヒュレッジ/ドロシー・ケリー/エスター・バリント(『ストレンジャー・ザン・パラダイス』)/クリスティン・ブジー●2018年/カナダ

■彼はギターに、ニューヨークの記憶を刻む。

19世紀からニューヨークで愛され続ける、ホテルやバー。タバコや酒を染み込ませた廃材は、200年の時を経て、ギターへと形を変える――ルー・リードやボブ・ディラン、伝説のギタリストたちを虜にする職人は、建物のヴィンテージ廃材から、世界でひとつのギターを生み出す。ニューヨークにある異色のギターショップの一週間を捉えたドキュメンタリー。

上映時間1時間20分
その他○11/22まで
2019年11月09日(土) から 2019年11月15日(金) まで
12:0019:20

NO SMOKING

NO SMOKING

●監督:佐渡岳利(『WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』)●出演:細野晴臣(『SUKITA  刻まれたアーティストたちの一瞬』)/ヴァン・ダイク・パークス(『バレエ・カンパニー』音楽)/小山田圭吾(『DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-』)/坂本龍一(『Ryuichi Sakamoto: CODA』)/高橋幸宏(『サディスティック・ミカ・バンド』)●2019年/日本

■誰からも愛される“細野さん”に会いに行こう。

“はっぴいえんど”や“YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)”と、伝説のバンドで活躍し、近年は『万引き家族』の音楽で話題となった音楽家・細野晴臣――デビュー50周年を迎えた彼の音楽性と人間性両方を映し出し、軌跡と知られざる創作活動に迫ったドキュメンタリー。

上映時間 1時間36分
その他○11/29まで
2019年11月09日(土) から 2019年11月15日(金) まで
10:0016:5019:10

アンダー・ユア・ベッド

アンダー・ユア・ベッド

●監督・脚本:安里麻里(『氷菓』)●出演:高良健吾(『悼む人』)/西川可奈子(『私は絶対許さない』)/安部賢一(『ガチ星』)/三河悠冴(『真夜中きみはキバをむく』)/三宅亮輔●2019年/日本

■覗いていたい。このままずっと――

30年存在しなかった男の孤独に蝕まれた愛は狂気となった――「殺人鬼を飼う女」「甘い鞭」や「呪怨」ノベライズなど数々の話題作を世に送り出した大石圭の角川ホラー文庫処女作にして、孤独な人生を送る男のほんの微かな甘い記憶に執着する歪んだ愛を、純粋にそして盲目的に描いた人気小説「アンダー・ユア・ベッド」を映画化したサスペンス。

上映時間1時間38分
その他○11/15まで
○R18+
2019年11月09日(土) から 2019年11月15日(金) まで
12:40

コレット

コレット

●監督・脚本:ウォッシュ・ウエストモアランド(『アリスのままで』)●出演:キーラ・ナイトレイ(『くるみ割り人形と秘密の王国』)/ドミニク・ウェスト(『トゥームレイダー ファースト・ミッション』)/デニース・ゴフ/フィオナ・ショウ(『ツリー・オブ・ライフ』)/エレノア・トムリンソン(『ジャックと天空の巨人』)●2018年/イギリス/アメリカ

■ココ・シャネルに愛され、オードリー・ヘプバーンを見出した、実在の小説家

1893年、コレットは人気作家ウィリーとの結婚を機に、パリへと移り住む。実は自分の作品を他の作家たちに書かせていたウィリーはコレットの才能に気づき、自身の自伝的小説を書かせる――
フランス文学界で最も知られている女性作家シドニー=ガブリエル・コレット。片田舎に生まれ育った自由奔放な少女が、いかにしてフランス屈指のベストセラー作家になったのか。カリスマ的な人気を誇る作家ウィリーとの波乱に満ちた結婚生活や運命を変えた出会い、そして“本当の自分”を見つけるまでの半生を描いた人間ドラマ。

上映時間1時間51分
その他○11/15まで
○PG-12
2019年11月09日(土) から 2019年11月14日(木) まで
11:50
2019年11月15日(金)
10:3011:50

アンノウン・ソルジャー -英雄なき戦場-

アンノウン・ソルジャー -英雄なき戦場-

●監督・脚本:アク・ロウヒミエス(『4月の涙』)●出演:イ―ロ・アホ(『4月の涙』)/ヨハンネス・ホロパイネン/アク・ヒルヴィニスミ/ハンネス・スオミ/ユッシ・ヴァタネン(『ラップランド・オデッセイ』)●2017年/フィンランド

■北限の大地、3年2ヶ月、壮絶なる戦闘の果てに兵士たちは何を得たのか。

フィンランドは1939年からソ連と戦った“冬戦争”が翌年に終結。その代償としてカレリア地方を含む広大な国土をソ連に占領された。国土回復を掲げ、1941年フィンランドはドイツと手を組み再びソ連との戦争を開始した――フィンランドで知らない人はいないヴァイニョ・リンナの古典小説「無名戦士」を原作に、第2次世界大戦時に祖国防衛のため継続戦争をソ連軍と戦ったフィンランド兵士の壮絶な姿を描く。フィンランド映画史上最高動員を記録した戦争アクション大作。

上映時間2時間12分
その他○11/15まで
○PG-12
2019年11月09日(土) から 2019年11月15日(金) まで
13:55

世界から希望が消えたなら。

世界から希望が消えたなら。

●監督:赤羽博(『さらば青春、されど青春。』)●出演:竹内久顕/千眼美子(『僕の彼女は魔法使い』)/さとう珠緒(『空と海のあいだ』)/芦川よしみ(『さらば青春、されど青春。』)/石橋保(『カスリコ』)●2019年/日本

■――真実は、絶対に死なない。

もし明日、命が終わるとしたら、今あなたにできることは何ですか――突然、死の宣告をされた私は、どんな気持ちで絶望の淵から這い上がり、“復活”を遂げたのか――病気に苦しむ人、挫折の中にある人、そして家族問題に悩む人びとを励まし、「人生の意味」や「本当の愛」とは何かを問いかける不思議な感動作。

上映時間1時間58分
その他○11/14まで
○10/26(土)・27(日)・28(月)
  10:45の回は<日本語字幕つき>
  13:00の回は<英語字幕つき>で上映
2019年11月02日(土) から 2019年11月14日(木) まで
10:30

ケータイサイト

携帯メールにURL送信

ケータイメールアドレスを入力して送信ボタンを押せば、メールでURLを送信できます。