ホーム宇都宮ヒカリ座 > 映画情報

宇都宮ヒカリ座

映画情報

幸福なラザロ

幸福なラザロ

●監督・脚本:アリーチェ・ロルヴァケル(『夏をゆく人々』)●出演:アドリアーノ・タルディオーロ/アニェーゼ・グラツィアーニ(『夏をゆく人々』)/アルバ・ロルヴァケル(『眠れる美女』)/ルカ・チコヴァーニ/トンマーゾ・ラーニョ(『歓びのトスカーナ』)●第71回カンヌ国際映画祭 脚本賞受賞●2018年/イタリア

■その人は疑わない、怒らない、欲しがらない。人は愚か者と呼ぶのかもしれない。これはそんな人の物語。

20世紀後半。イタリアの小さな村で純朴なラザロと村人たちは、小作制度の廃止を隠蔽する侯爵夫人に騙され、社会と隔絶した生活を強いられていた。ところが夫人の息子が起こした誘拐騒ぎをきっかけに、村人たちは初めて外の世界へ出て行くことになる。だが、ラザロにある事件が起き――マーティン・スコセッシが才能を絶賛したアリーチェ・ロルヴァケル監督が、現代の聖人ラザロを、実際にあった詐欺事件を通して描く寓話的ミステリー。

上映時間2時間07分
その他○8/30まで
2019年08月17日(土) から 2019年08月23日(金) まで
09:5516:45

HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ

HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ

●監督・脚本:イライジャ・バイナム●出演:ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)/マイカ・モンロー(『イット・フォローズ』)/アレックス・ロー(『ザ・リング/リバース』)/ウィリアム・フィクトナー(『ウルトラヴァイオレット』)●2018年/アメリカ

■忘れられない夏がくる

愛する父親を亡くし、大きな喪失を抱えたまま立ち直れない少年の人生を大きく変えた、ひと夏の経験。美しい海辺の町での初めての恋、クールで危険な仲間との友情、裏切り――気鋭の映画製作スタジオA24が贈る、甘く、切なく、美しく、スリリングなひと夏の青春映画。

上映時間1時間47分
その他○8/30まで
○PG-12
2019年08月17日(土) から 2019年08月23日(金) まで
13:4019:10

ヒトラーVS.ピカソ -奪われた名画のゆくえ-

ヒトラーVS.ピカソ -奪われた名画のゆくえ-

●監督:クラウディオ・ポリ●出演:トニー・セルヴィッロ(『修道士は沈黙する』)●2018年/イタリア/フランス/ドイツ

■ヒトラーの秘宝。だれも知らない闇の美術史

ピカソ、ゴッホ、フェルメール、マティス、ムンク、モネ…今なお行方不明の名画たち。ナチスに弾圧され奪われた美術品と、それ関わる人々の運命とは――究極の美と権力に秘められた名画ミステリーが展開するドキュメンタリー。

上映時間1時間37分
その他○8/30まで
○PG-12
2019年08月17日(土) から 2019年08月23日(金) まで
09:5017:10

イングランド・イズ・マイン -モリッシー,はじまりの物語-

イングランド・イズ・マイン -モリッシー,はじまりの物語-

●監督・脚本:マーク・ギル●出演:ジャック・ローデン(『ダンケルク』)/ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ(『マイ ビューティフル ガーデン』)/ジョディ・カマー●2017年/イギリス

■たとえ世界に望まれなくても、僕は歌う。

1980年代、イギリスのミュージックシーンを席巻した伝説のバンド「ザ・スミス」結成前夜譚――苦悩や挫折にも負けず、一人の少年がミュージシャンとして生きる決意を描いた青春“音楽”映画。

上映時間1時間34分
その他○8/30まで
○PG-12
2019年08月17日(土) から 2019年08月23日(金) まで
15:4019:20

ユーリー・ノルシュテイン 《外套》をつくる

ユーリー・ノルシュテイン 《外套》をつくる

●監督:才谷遼(『セシウムと少女』)●出演:ユーリー・ノルシュテイン(『話の話』監督)/ラリーサ・ゼネーヴィチ/マクシム・グラニク/ターニャ・ウスヴァイスカヤ/ミハイル・アルダーシン(『チェブラーシカ〈2010年〉』脚本)●2018年/日本

■この30年……外套のことだけ考えてきた

苦悩、情熱、そして創造――『霧の中のハリネズミ』などで知られるロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテインが、30年以上の歳月をかけて制作しながら未だ完成していない映画『外套』にスポットを当て、アニメーションの神様、ノルシュテインの深部に迫るドキュメンタリー。

上映時間1時間49分
その他○8/30まで
2019年08月17日(土) から 2019年08月22日(木) まで
12:5019:00
2019年08月23日(金)
19:00

嵐電(らんでん)

嵐電(らんでん)

●監督:水島努(『ガールズ&パンツァー 劇場●監督:鈴木卓爾(『ゲゲゲの女房』)●出演:井浦新(『ニワトリ★スター』)/大西礼芳(『ナラタージュ』)/あがた森魚(『映画 ビリギャル』)/安部聡子(『夏の終り』)/金井浩人(『きらきら眼鏡』)●2019年/日本

■この電車に乗れば、どこまでだって行けますよ。

京都市街を走る路面電車、京福電気鉄道嵐山線(通称:らんでん)を舞台に、三つの恋愛が幻想的に交錯する――鎌倉から京都にやってきたノンフィクション作家の、京福電鉄嵐山線にまつわる不思議な話の取材を通して描くラブストーリー。

上映時間1時間54分
その他○8/23まで
2019年08月17日(土) から 2019年08月23日(金) まで
14:35

旅のおわり世界のはじまり

旅のおわり世界のはじまり

●監督・脚本:黒沢清(『散歩する侵略者』)●出演:前田敦子(『素敵なダイナマイトスキャンダル』)/染谷将太(『きみの鳥はうたえる』)/柄本時生(『彼女の人生は間違いじゃない』)/アジズ・ラジャボフ/加瀬亮(『劇場版SPEC』)●2019年/日本/ウズベキスタン

■私の心は迷子になった。

シルクロードの美しい風景の中で描かれる心の冒険。夢を見失ったとき、新しい扉が開く――国内外で圧倒的評価と人気を誇る映画監督・黒沢清が、ウズベキスタンに1か月まるまる滞在し、広い国土を存分に使ってロケ撮影された本作は、観客も一緒に異郷を旅しているような、ロードムービーとしての魅力に溢れた目覚めの物語。

上映時間2時間00分
その他○8/23まで
2019年08月17日(土) から 2019年08月23日(金) まで
12:20

さよなら、退屈なレオニー

さよなら、退屈なレオニー

●監督:セバスチャン・ピロット●出演:カレル・トレンブレイ/ピエール=リュック・ブリラント/フランソワ・パピノー/マリー=フランス・マルコット●第31回東京国際映画祭<ジェムストーン賞>受賞●2018年/カナダ

■こんな青春じゃ終われない。

いつもイライラして、どこかフワフワしてた。まぶしくてじれったい何もない毎日。17歳の夏が過ぎていく――やりたいことも自分の居場所もみつからず、いら立ちを抱える17歳の少女のひと夏の成長をつづった青春ドラマ。

上映時間1時間36分
その他○8/23まで
2019年08月17日(土) から 2019年08月23日(金) まで
17:30

サマーフィーリング

サマーフィーリング

●監督:ミカエル・アース(『アマンダと僕』)●出演:アンデルシュ・ダニエルセン・リー(『パーソナル・ショッパー』)/ジュディット・シュムラ(『女の一生』)/マリー・リヴィエール(『緑の光線』)/フェオドール・アトキーヌ(『美しき結婚』)/マック・デマルコ●2015年/フランス/ドイツ

■ベルリン、パリ、ニューヨーク。君だけがいない三度目の夏がくる…

目覚めるとき、眠るとき、笑うとき、海を眺めるとき、キミを想い出す。哀しみの扉を開けて、ゆっくり生まれ変わる。喪失を抱えながら過ごす三度の夏――愛する人の死から始まる、静かに、心打つ、愛と再生の物語。東京国際映画祭東京グランプリと最優秀脚本賞をW受賞したフランスの新鋭、ミカエル・アース監督が『アマンダと僕』の前に発表した長編第2作。

上映時間1時間46分
その他○8/23まで
2019年08月17日(土) から 2019年08月23日(金) まで
11:40

主戦場

主戦場

●監督・脚本・撮影・製作・編集:ミキ・デザキ●出演:トニー・マラーノ/藤木俊一/山本優美子/杉田水脈/藤岡信勝●2018年/アメリカ

■ようこそ、“「慰安婦問題」論争の渦中”(バトルグラウンド)へ

日系アメリカ人YouTuberのミキ・デザキ。ネトウヨからの度重なる脅迫にも臆せず、彼らの主張にむしろ好奇心を掻き立てられた彼が、慰安婦問題をめぐる論争を様々な角度から検証・分析したドキュメンタリー。

上映時間2時間02分
その他○8/23まで
2019年08月17日(土) から 2019年08月22日(木) まで
10:3514:55
2019年08月23日(金)
10:35

ケータイサイト

携帯メールにURL送信

ケータイメールアドレスを入力して送信ボタンを押せば、メールでURLを送信できます。